ヘッドスパの注意点

duIG
髪のトラブルを改善したり、頭がスッキリして仕事がはかどったり、ストレス解消、さらには美容にも効果があるというヘッドスパですが、中には体調が悪くなってしまう方もいらっしゃいます。

ヘッドスパはマッサージを行います。大切な脳を包む頭蓋骨と頸椎の部分を触るのですから、やり方によっては事故になる可能性もあります。

なので、料金が安いところばかりを重点的にサロン探しをするのはちょっと危険かもしれません。熟練した技術者がいるサロンを選ぶようにするとよいでしょう。また、施術中に少しでも違和感を感じたらすぐに伝えるようにしましょう。

ちゃんとサロンではカウンセリングを行っています。体調が悪いなど健康状態によってはヘッドスパを断られることもあります。

骨粗しょう症・血圧異常・発熱・妊娠中あるいは妊娠の可能性がある・飲酒している・
食後1時間未満・手術後1年以内・伝染病を持っている・日焼け直後・頭皮にキズや炎症がある・医師の診断が必要な病気の場合

以上のような問題がある方はヘッドスパを断られる場合があります。

●頭皮が硬い

自分の頭皮が硬いのか柔らかいのかよくわかりませんよね。身近な親しい人の頭皮と比べてどうでしょう。もし硬い、動かないと感じたら、頭皮が凝っているということです。

頭皮が凝って体が不調になるというこはないかもしれませんが、血流が悪くなって、髪に栄養が行き渡らなくなっているのです。
そのため、毛髪がパサついたり、枝毛や切れ毛の原因になってしまします。頭皮と顔の皮膚はつながっていますから、顔全体のたるみの原因にもなります。

頭皮が凝っている時は、マッサージの際に痛みを感じることがあります。
自分でマッサージしてほぐしたり、お店でヘッドスパを受けるならしっかりほぐしてもらうようにしましょう。

頭皮が硬くなると、体の疲労度も高くなるといいますから、頭皮の凝りを取ることで脳へ酸素や栄養が届きやすくなり、脳も体もスッキリはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>