ヘッドスパを受ける前・後の注意点

aDYBB

●ヘッドスパを受ける前の注意点

お店でヘッドスパを受ける場合も、自宅で自分でヘッドスパを行う場合でも注意しなければならないことがあります。

頭皮の状態によっては、ヘッドスパそのものを行ってはいけない場合がありますから以下のことに注意しましょう。

・キズ、吹き出物
・かゆみ
・乾燥し過ぎ

かゆみについては、自覚症状があるのですが、その他はなかなか気づきにくいです。
頭皮が悪い状態でヘッドスパを行うと、痛みや刺激を感じてしまいます。以外に頭皮は敏感ですから、爪の先が当たってキズついているかもしれません。

サロンでは、必ずカウンセリングを行いますから、しっかりと見てもらうことが大切です。自分自身で気になることがあったらきちんと伝えることも大事です。

また、エクステをつけたままのヘッドスパはお断りというサロンが多いようですから、
覚えておきましょう。

●ヘッドスパを受けているときの注意点

ヘッドスパの施術中に痛みを感じたり、頭皮がかゆくなったりなど違和感を感じたら担当者にすぐ伝えることが必要です。キズがあるのかもしれません、また薬剤が合わないという場合もあります。ヘッドスパを中止するあるいは、施術方法や薬剤を変えてみるなど担当者と相談しましょう。

また、ヘッドスパ施術中は同じ体勢が続くので、首や肩、腰が痛くなったりするかもしれません。そのためリラックスできないと、ヘッドスパの効果が半滅してしまいます。
きついと思ったら我慢しないで担当者に伝えましょう。

ヘッドスパは初めてという方は、身体に力が入ってしまうことがあります。
特に首は力が入りやすい部分で、他人に触られることに慣れていないとついかまえてしまって、首に力がはいります。

ヘッドスパ中は心身ともにリラックスすることが大切です。目を閉じて、ゆっくりと呼吸し、全身の力を抜くようにしましょう。ほ~っと力を抜いてみましょう。

●ヘッドスパを受けた後の注意点

ヘッドスパを受けてスッキリした状態をできるだけ長持ちさせたいのですが、髪や頭皮のケアが悪いとすぐ元の状態になってしまいます。

日常のシャンプーの際には髪がぬれていないシャンプー前にブラッシング行い、髪の絡みをとっておくこと、そしてまずお湯だけで髪の汚れを落とします。その際には指の腹で頭皮をやさしくマッサージします。

シャンプー剤は泡立ててから頭につけて、洗い流しは丁寧に行うことが重要です。
そしてドライヤーの前後にヘアオイルやアウトバストリートメントなどを使用することをおススメします。ドライヤー使用はなるべく短時間にすることも大切なポイントです。

また、自宅でのケアとしてトリートメント剤をしっかりと揉みこんでから、蒸しタオルで髪をくるみ、数分間置いてから洗い流すことを実践してみてください。ヘッドスパで手に入れた美髪を長くキープできますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>